毛穴クレンジングランキングTOP5♡敏感肌さんにもおすすめな市販クリーム・オイル・ジェルタイプ

たるみ毛穴

毛穴をクレンジングで綺麗にしたいけど、同時に肌荒れも心配…。という方も多いはず。今回は、毛穴ケアにおすすめの市販クレンジングをランキング形式でご紹介。オイルタイプから、敏感肌さんにもおすすめなクリーム、バームタイプまで、アットコスメやSNSのランキングを調査しました。あの有名プチプラクリームの成分も開設しています。

毛穴クレンジングの選び方のおすすめポイント

毛穴に効果的な、クレンジング選びのおすすめポイントを押さえていきましょう。まずは自分の肌質や、普段のお化粧の仕方を把握してからクレンジングのタイプを選ぶことが大切です。特に敏感肌や、乾燥肌さんはクレンジングの刺激成分で肌が荒れてしまうので注意が必要です。

ポイント1:毛穴のタイプに合わせてクレンジングの種類を選ぼう

まずは自分の毛穴の悩みと、どう改善したいのか目的を決めてクレンジングの種類を選びましょう。

①:黒ずみ毛穴さんにおすすめのクレンジングタイプ

黒ずみ毛穴の原因は、実は乾燥ともいわれています。ただ洗浄力の強いクレンジングを使うのはNG。摩擦が少なく、肌をきちんと保湿してくれる以下のクレンジングを選びましょう。

黒ずみ毛穴におすすめのクレンジング
  • ジェルクレンジング
  • クリームクレンジング
  • オイルクレンジング(油脂系がベスト)

②:詰まり毛穴さんにおすすめのクレンジングタイプ

つまり毛穴さんは、「皮脂油+乾燥」で毛穴が詰まっているケースが多いです。バームタイプで汚れを溶かしたり、またはオイルクレンジングをした後にしっかりと化粧水で保湿するなどの対策を心がけましょう。

詰まり毛穴におすすめのクレンジング
  • バームクレンジング
  • オイルクレンジング
  • ジェルクレンジング(水性がベスト)

③:開き毛穴さんにおすすめのクレンジングタイプ

開き毛穴さんには、クリームやバーム、ミルクタイプのクレンジングがおすすめです。開き毛穴の方は乾燥によって毛穴が開いているケースが多いので、刺激を避けることを第一優先に考えましょう。

開き毛穴におすすめのクレンジング
  • クリームクレンジング
  • バームクレンジング
  • ミルククレンジング

 

ポイント2:敏感肌・乾燥肌の人は低刺激な毛穴クレンジングを

敏感肌・乾燥肌など、肌の弱い方は低刺激のクレンジングを選ぶように心がけましょう。一つ注意していただきたいのが「無添加」の表記です。香料や着色料がフリーでも、その他刺激成分が入っているクレンジングもたくさんあります。肌が弱い人は、以下成分に気を付けましょう。

【避けたい成分】

  • エタノールや変性アルコール、メントール
  • 香料や着色料
  • 防腐剤(パラベン類や安息香酸)
  • ピーリング成分(サリチル酸やグリコール酸)
  • 複数種類以上配合された精油・植物エキス

ポイント3:毛穴クレンジング以外の効果で選ぶ

欲しいクレンジングの目星はついたけど決め手がどうしてもない!という方は、クレンジング以外の機能をチェックしてみましょう。乾燥が気になる方は保湿成分を、くすみや角質ケアをしたい方は、ピーリング成分に着目してみるといいでしょう。

乾燥におすすめの成分 ヒアルロン酸、BG、グリセリン、コラーゲン、セラミド
くすみ・角質におすすめの成分 AHA(乳酸・リンゴ酸)、パパイン酵素、ビタミンC誘導体

毛穴クレンジングランキングTOP5♡敏感肌さんにもおすすめな市販クリーム・バーム・ジェルタイプも

毛穴クレンジングの選び方のポイントがわかったところで、有名口コミサイトでおすすめのクレンジングをランキング形式でご紹介いたします。ドラッグストアで買える比較的安いものや、クリームやバームタイプのものまで幅広く取り上げました。

第1位

マイルドクレンジング オイル 980円 (税抜き)

やはりこのクレンジングに戻ってきてしまうリピーターが多いアイテムです。角栓をきれいに落とす毛穴ケアの機能が追加され、オイルの伸び、メイクなじみが更にアップしました。洗うたびにうるおいを実感でき、乾燥による小ジワを目立たなくします。

ブランド ファンケル(→公式サイト
タイプ オイルクレンジング
内容量 60mL/120mL
テクスチャー さらさら
肌への優しさ 防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性不使用

今まで使用していたクレンジングオイルとは全くの別物!濡れた手でもOK!メイクはスルっと落ちるし、ぬるぬるする感じもありません。他のクレンジングオイルを使用していたときはニキビができることが多かったのですが、こちらでは特にトラブルなし。(アットコスメ

やっぱりなんだかんだ言って一番いい。(アットコスメ

第2位

クリアクレンジング 1,400円 (税抜き)

塗った瞬間からじゅわっとメイクを溶かしてくれるジェルクレンジングです。2種のクレイで、毛穴の奥の汚れをしっかりと吸着除去。また、お酢成分が肌表面のくすみや古い角質をキレイに洗い上げ、キメを整えます。3種のセラミド配合で保湿もばっちり。

ブランド CLAYGE クレージュ(→公式サイト
タイプ ジェルクレンジング
内容量 300mL
テクスチャー 緩めのジェル
肌への優しさ クレイ&お酢配合、マツエクでもOK、ダブル洗顔不要

ウォータープルーフマスカラ、毛穴の汚れなども綺麗に落ちて気に入っています。天然ミネラルたっぷりのクレイ配合。お肌にも優しいですよね。せひ、試してほしいです(アットコスメ

濡れた手でもしっかりメイクが落ちること、ゴシゴシこすらなくてもあっという間にメイクとなじむこと、洗い流したあともしっとりしていて全く痒くならずいいことばっかりでした。(アットコスメ

第3位

ルルルン クレンジングバーム 2,000円 (税抜き)

美容YouTuberさんの紹介で火が付いたコスパのいいクレンジングバームです。肌にのせた瞬間、なめらかにとろける固形のクレンジングバーム。メイクをするんとやさしく落とします。肌に必要なうるおい成分は落とさないでくれるのが嬉しい。

ブランド ルルルン(→公式サイト
タイプ バームクレンジング
内容量 90g
テクスチャー 固めのバーム
肌への優しさ 無鉱物油、アルコールフリー、アレルギーテスト済

朝クレンジング用として使っています。朝クレンジングとしては毛穴の汚れが落ちていてスッキリする感じがしてよかったのでリピートしようと思います。(アットコスメ

固形のバームですが、肌にのせ、ゆっくり肌に馴染ませていくと徐々に溶け、やさしく落とします。洗顔後のつっぱりが気になりがちですが、こちらは必要なうるおい成分は落とさない様、肌に直接メイクオフ成分が触れない構造なので、乾燥肌な私にピッタリでした。(アットコスメ

第4位

muqna(ムクナ) クレンジングミルク 1,180円 (税抜き)

知る人ぞ知る優秀クレンジングです。ミルクタイプなのに、しっかり落ちて肌も突っ張らないと評判の、保湿剤を配合したクレンジングミルクです。なじませやすいミルクタイプで潤いを保ちながらメイクをやさしく落とします。

ブランド 東急ハンズ(→公式サイト
タイプ ミルククレンジング
内容量 160mL
テクスチャー しっとり
肌への優しさ 無着色、無鉱物油、アルコールフリー、パラベンフリー

この商品、口コミ少なくて驚きです。乾燥肌のため、クレンジングは様々なミルクorクリームを使ってきましたが、その中でもコスパ、使用感を考えると1番です。優しくクルクル馴染ませ洗い流した後、、肌が疲れる感じがないんです!むしろクレンジングした方がモチモチ、うるうる肌になります。この価格で本当に良いの!?敏感肌、乾燥肌の方に超オススメです。もっと話題になっても良いのではないかと思います。(アットコスメ

こちらの商品めちゃくちゃ良かったです!東急ハンズのブランド?あまり期待していなかったのですが、期待をはるかに超えました(^^)ミルクなのにしっかり落ちるし、洗い上がりもさっぱり、だけど突っ張ることもなく本当に文句なしです!(アットコスメ

第5位

Homeo Beau(ホメオバウ) クレンジングオイル 4,500円 (税抜き)

オイルなのにさらっとした使用感のクレンジングです。素早くメイクを落とすクレンジングオイル。美容効果の高いアルガンオイルを配合しました。。

ブランド Homeo Beau ホメオバウ(→公式サイト
タイプ オイルクレンジング
内容量 198mL
テクスチャー さらさら
肌への優しさ 無着色、無鉱物油、アルコールフリー

気になっていて購入しましたが、本当にテクスチャーがサラサラでびっくりします。ホホバオイルみたいな感じです。季節的にもにもかなり毛穴が気になるのですが、使い出して少し落ち着いた気がします。(アットコスメ

乳化が早いのですすぎが楽で油膜感がなく、洗い上がりはしっとりしています。気になる、鼻・リップポケット・あごのザラつきや角栓ケアができてスッキリ!肌が柔らかく感じます。(アットコスメ

タイプ別!毛穴レスクレンジングのやり方

毛穴に効果的なクレンジングがわかったところで、毛穴により効果的なクレンジングの手順を見ていきましょう。敏感肌にもおすすめな、肌の水分を失わない方法をお伝えします。

1:オイルクレンジング

乾いた手に適量をとり、目もと・口もとの濃いメイクを先にオフ。次に小鼻をくるくると優しくオフし、顔全体に優しく伸ばします。

【ここがポイント!】

伸ばし終えたら、手に少し水を取りオイルを乳化させるように顔になじませます。(汚れを浮き上がらせるようなイメージで)最後にぬるま湯で洗い流し洗顔をします。

2:ジェルクレンジング

適量を手にとり少し温めた後に、目、口元、小鼻→全体の順に伸ばします。くるくると内側から外側に向かって軽くマッサージするように、汚れをジェルに馴染ませていきましょう。

【ここがポイント!】

ジェルクレンジングは、クッションのような摩擦を抑える役割があるので、力強く何度もこするのはNG。メイクとクレンジングジェルが馴染んで乳化したら、洗い流して洗顔を行いましょう。

3:ミルククレンジング

乳液のようなテクスチャーなので、濃いアイメイク、リップメイクはポイントメイクリムーバーで先に落としましょう。

【ここがポイント!】

乾いた手にミルクを取り、手の平で少し温めてから、顔の内側から外側へクルクル円を描くようになじませましょう。Tゾーンなど皮脂が多いところは多いところは薬指を使ってしっかりクレンジングを。しっかり汚れが浮き上がったら、ぬるま湯で洗い流します。

4:バームクレンジング

顔も手も乾いた状態にしておく。両手の手のひらでバームを温め、軽く溶かしてオイル状に。指先を使って小さな円を描くように顔全体にメイクになじませる。

【ここがポイント!】

バームクレンジングは乳化がポイント!ぬるま湯を少し手に取り、さらになじませる.
白っぽくなったら乳化した合図。しっかり洗い流す。

まとめ

いかがでしたでしょうか。毛穴クレンジングのポイントと、欲しいアイテムは見つかりましたか?自分の肌質を知り、正しい毛穴ケアを継続していくことが美肌への近道です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。