透明感のある美白になる方法とは?簡単おすすめ美白ケアをご紹介!

シミ・美白

「美白になりたい」と、女性なら誰しも思うことですよね?中にはすでに色々試しているけど思うように効果がでないと悩んでいる方も多くいらっしゃるかと思います。試すことは大切ですが、要点を押さえないと美白に近づくことはできません。化粧品と美白の専門家である筆者が、あなたが理想とする美白のお手伝いをします。

美白になりたい!どうすれば美白になれるの?

早速、情報を入手して取り組みたいという方もいらっしゃるかも知れませんが、順を追って解説させてください。あなたに合った美白方法を提示するためには基本的なケア方法や注意点を理解していることが前提となるためです。

すでに分かっているという方は良いのですが、多くの方は「美白になる方法」だけに目がいき、大切な注意点と基本的なケア方法を見落としてしまっています。筆者は、理想の肌を手に入れるためのお手伝いに長年携わってきました。経験を踏まえた大切な話もしますので、見逃しのないようにしてください!

美白アイテムと注意点とは?

美白を目指すにあたり注意点があります。このように言われてパッと注意点が浮かんできますでしょうか?自信をもって注意点を説明できる方以外は全員にお読みいただきたい内容です。

➀:まずはサンプルを使用

美白に使用するアイテムをすぐに購入してしまうという方は要注意です。大切なことは「あなたに合っている商品かどうか」です。まずは、その商品のサンプル品を使用して、肌がヒリヒリしないか、肌に浸透しやすいアイテムであるのかを確かめる必要があります。

購入する際は口コミや値段、成分などを判断基準にするかと思いますが、口コミはあくまで「他人が使用した感想」です使用した方全員がそのようになるわけではありません。例えば「ある商品を使用して美白になりました」という口コミがあると、あなたはそれを読んで「美白になれる商品だ」という捉え方をしますよね?

有効成分や他の口コミもみてそのように判断するかと思いますが、購入して実際に使用してみたら肌が突っ張る、肌荒れがひどくなったなどのケースはあなたが思っている以上に多いです。そのため、まずはサンプル品でそのような症状がでないかどうかを確かめてから購入することをおすすめします。

購入するのであれば「あなたに合った後悔しない商品を選ぶ」ことは鉄則ですよ。

➁:クレンジングと洗顔

クレンジングと洗顔は基本中の基本ですが、正しい方法を知らないと肌荒れの原因となります。正しい使用方法を以下に示します。

  1. 洗顔は、1日2回に抑える
  2. 刺激の強い商品は避け、使用後は必ず保湿する
  3. 洗い方はマイルドに!(ゴシゴシこすらない)
  4. すすぎ残しは肌トラブルの大元!しっかり洗い流そう

一見、当たり前のことを記載しているように思えますが、本当にしっかりできているかどうか再確認してください。クレンジングや洗顔後、肌が突っ張るようなことやヒリヒリすることはありませんか?肌をゴシゴシとこすっていませんか?

筆者の経験から述べると、半数位の方が自信を持って「大丈夫」とは言えない状態にいます。

商品を使用することに意識が集中して基礎の基礎がおろそかになることが良くあるので注意してくださいね。さらに言うのであれば、シャワーを顔にあててクレンジング剤や洗顔料を流すのではなく、手で水をすくって肌にかけてあげるようにしましょう。敏感肌の方は特に、シャワーの圧で肌が傷ついてしまう可能性もあります。

➂:化粧水&乳液

クレンジングや洗顔が終わった後は、化粧水や乳液で肌を保湿するかと思います。この工程は美白を目指す上でぜひとも行っていただきたいことなのですが、注意点があります。

  1. 化粧水や乳液は数回にわけて塗布し、しっかり肌に吸収させる
  2. 化粧水や乳液にも商品の特徴がある!あなたの肌質に合っているか要確認
  3. タッピングで優しく浸透させる

化粧水や乳液は、肌に浸透してから2回目、3回目とつけていくのが正しいつけ方です。一度に大量につけても肌に吸収できませんので注意してください。現在、あなたの使用している商品は肌質に合っていますでしょうか?繰り返しになりますが、ここを間違えると美白への道は遠ざかります。

乾燥肌であれば、コラーゲンやヒアルロン酸を豊富に含む保湿力の高いものがおすすめ!脂性肌や混合性肌の方は、ビタミンを方法に含む化粧水を使用して肌に水分を閉じ込めであげてください。

「浸透率」、「保湿」の2つをクリアして、あなたに合った商品であれば問題ありません。

➃:美容液や美容クリーム

化粧水を塗布した後に、美容液やクリームをつけるという方も多いかと思います。ぜひとも行っていただきたい工程ですが、こちらも注意点がありますので確認してください。

  1. 塗り込むのではなく馴染ませることがポイント
  2. 肌に水分がある状態で使用する

美容液やクリームをつけた後にマッサージをする方もいらっしゃいます。そのこと自体は良いのですが、塗り込むのではなく優しく馴染ませるように使用しないと、摩擦が働き肌のバリア機能を破壊してしまいます。

マッサージをするのであれば、1回目は優しく浸透させて2回目以降でおこなうとよいでしょう。2つめは「知らなかった」という方も多いのではないでしょうか?化粧水は乾いた肌にも使用できますが、美容液やクリームは肌が湿った状態で使用しなければあまり効果がありません。

化粧水や乳液をつけた後、吸収するまで別のことをして過ごしているという方は特に注意が必要です。ポイントとしては、化粧水や乳液が吸収しきる前に美容液やクリームを塗布することです。

せっかくアイテムを使用するのですから、効率よく使用しましょう。

➄:日焼け止め

日焼け止めクリームは、紫外線の吸収を抑えシミの原因をつくらなくするために非常に重要なアイテムですので、使用されている方も多いかと思います。注意点は1つで、塗り方には注意してください。肌を傷つけないようにしてくださいね。スプレータイプでもクリームでも良いですが、ビタミンが豊富に含まれている商品であると、より良いですね。

⑥:サプリメント

美白になるためにサプリメントを服用しているという方も多いですよね。モデルや女優さんも愛用していると話題のサプリメントも複数紹介されていますから知名度も高くなってきています。

成分に「ビタミンC、E」や「トラネキサム酸」が含まれていると良いですね。

ビタミンCやEは、肌の代謝をアップさせてターンオーバーを促進させる働きがありますので、是非とも取り入れたい成分です。食事から十分な栄養素を摂取できていれば良いのですが、日本人の多くはビタミンが大幅に不足していますので、サプリメントから摂取する方法はおすすめです。

トラネキサム酸は、肌荒れやシミの治療としても使用される成分です。女性ホルモンが乱れることによって起こる肌トラブル全般に高い効果が期待できます。医薬品の認可を受けている商品もありますので、そちらを服用するのが良いでしょう。

注意点として当たり前ですが用量、用法を守ることと、厚生労働省から認定されている商品を選ぶことです。中には「怪しい商品」もありますので、注意して選んでください。

更に美白になるためのスペシャルケアとは?

美白を目指す際に、ケアできる方法は美容商品を使用すること以外にも存在します。見た目は印象の9割以上を占めるというように、美白に魅せるコツを上手く利用していきましょう。これから述べる方法は、応用編になりますがぜひ試してみてください。

スペシャルケア➀:エステ

エステといっても種類は様々ですよね。美顔エステやフェイスラインを整えるためのエステなど目的に合わせて通うことができます。

その中に「美白エステ」というシミやくすみを取り除く効果の期待できるエステが存在します。紫外線によってできてしまったシミや、怪我や傷の部分が悪化して痕に残ってしまった部分のケアに最適です。日常のケアとの相違点として「プロの意見を参考にすることができる」ことがあります。

エステを行う方は資格を持った美容のスペシャリストですから、あなたの肌の状態を把握し、おすすめの美容方法やケア方法を聞くことができますよね。美白を目指す上でさらに磨きをかけたい方や行き詰った際に利用を検討してみてはいかがでしょうか?

スペシャルケア➁:自顔マッサージ

フェイスマッサージで血液の流れを促進し、老廃物を取り除くことができます。セルフエステとも呼びますが、特殊な器具を用いなくても可能です。ただ、肌の状態に合わせてやり方を変えていく必要性がありますので、専門的な方法を学ぶのが最も効率が良いでしょう。

美顔器を用いる場合でも、説明書に記載の方法はもちろん、オンライン学習としてプロが抗議しているやり方などを学ぶことをおすすめします。といいますのも、目的は美白になることであって器具を使用する、マッサージをすることではないので、独自のやり方で行って肌を傷つけてしまっては全く意味がありません。

スペシャルケア➂:脱毛

美肌と脱毛は一見、関係の薄いように感じますが、見た目上大きく変化します。産毛であっても適切に処理するのかしないのかで変わってきますよね?脱毛サロンを利用するのが最も良いですが、セルフで行う場合は器具で肌を傷つけないように細心の注意を払ってくださいね。

良くあるケースとして、美白を追い求めセルフで脱毛をした結果、複数傷ができて結果として皮膚科を受診することになることがあります。傷ができて治療費を払うのであれば、フェイスラインだけ部分脱毛したほうがお得です。

脱毛サロンの初回キャンペーンなどを利用すれば、安く施術を受けることができますのでお近くのサロンを調べてみてください。

美白メイクのポイントをご紹介!

メイクのやり方によっても「肌の魅せ方」は変わってきます。メイクの勉強をしている方であればお分かりだと思いますが、美白にしたいからとファンデーションを塗りたくることや、全体的にメイクを濃くするのは肌によっての負担が大きく効率的ではありません。全体的にナチュラルに透明感のある肌を目指してください。

ポイント➀:下地は透明感を

下地は透明感が大切です。肌本来の色は残して、くすみやシミが気になる部分だけ重ね塗りをするなどして肌をいたわってください。美容成分が配合されている下地なども販売されていますので、そちらを使用すると良いでしょう。使用量は少なく、伸びの良い商品を使用するのが最も良いですね。

ポイント②:ファンデーションはリキッドタイプ

ファンデーションは、カバー力と保湿力に優れたリキッドタイプを使用しましょう。パウダータイプなどは、部分的にシミやくすみをカバーするためには有効ですが、美白には不向きです。下地同様に基本的には重ね塗りをしないことが鉄則です。特に気になる部分にだけ気持ち多めに塗る位のイメージを持ちましょう。

人によっては長時間塗った状態を保かと思いますので、可能な限り低刺激タイプを使用するのが良いですね。

ポイント③:アイシャドウは控えめに

アイシャドウは、影をつくらないために単色のものを使用して重ねないことが美白メイクの鉄則です。血色良く魅せるためにピンク系を使用しても良いですね。基本的なアイシャドウ(グラデーション)は美白メイクには不向きですので注意してください。

ポイント④:アイメイクは茶系

美白メイクのアイラインは茶系を使用しましょう。ブラックを使用すると肌との色合いが合わずに「ケバイ」印象をもたれることも。単色が嫌だという方は薄めにグラデーションをつくっても良いです。

ポイント⑤:チークは大切なポイント!

チークは全体のイメージをつくる重要なポイントとなります。美白メイクですので、ピンクまたはオレンジ系の色が良く合いますね。ボリュームとしては「ふんわり」を意識してください。つけすぎるとチークだけ妙に浮いてしまいますのでベースに合わせて調整してください。

まとめ

美白ケアはポイントさえ押さえれば、簡単にできちゃいますよ!筆者の主張をまとめます。

  1. 美白を目指すなら、基礎の基礎に忠実に!
  2. あなたに合った商品を使用して肌トラブルを防ごう
  3. エステや脱毛を利用して、専門家の意見をきくのも良いキッカケとなるかも
  4. 美白メイクはナチュラムが基本!シミやくすみをカバーしようと厚塗りはNG

上記を踏まえて、理想の美白を目指しましょう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。